第1条(総則)本会は「ぶなの木スキークラブ」と称し、新日本スポーツ連盟勤労者スキー協会に加盟する。

第2条(目的)自然の中でスキーを楽しみ技術向上に努める。会員相互の親睦と会員以外の多くの人たちと交流を図る。

3条(活動)本会は前条の目的を遂行するために次の活動を図る。

@自主的、民主的クラブ活動を通じて会員相互の交流と親睦を図る。

A山スキーの健全な普及と発展に努め、理論と技術の正しい向上を図る。

B山スキーの素晴らしさ、楽しさをより多くの愛好者に広めるため会員の拡大を図る。

C年間を通じ日常生活にスポーツを位置付けて行事を開催する。

Dスキー教室、理論講座等を開催し山スキーリーダーの養成を図る。

E山スキー、テレマークスキー等、多様なスキー要求にこたえた行事を開催する。

Fスキー協等の他のクラブとの交流を図る。

G機関紙発行とスキー協定期誌「スキーメイト」の購読及び拡大普及を図る。

Hその他、目的を遂行するための諸活動を行う。

4条(構成)本会の目的に賛同し規約を認め会費を納めた者は会員とする。

       又、退会は本人の申し出による。

5条(機関及び役員)本会に機関として、総会、例会、役員会を置く

@総会は本会の最高機関で年1回、会長が招集する。1年間の活動全般と会計報告について審議し、次期活動方針及び予算の決定、役員の選出等を行う。

A総会は会員の過半数の出席(委任を含む)で成立し、事案は出席者の過半数で決定する。

B本会の日常運営は月1回の例会及び役員会にて行う。

C本会に次の役員を置く。役員は総会で選出され任期は1年とする。

 会長1名 副会長若干名 会計1名 会計監査2名 機関紙担当若干名 

安全対策委員5名以上。

D役員会は会長、副会長、会計、機関紙担当、その他役員会が必要と認めた方とする。

第6条(財政)本会の財政は次に定める会費及び事業収入で運営する。

@会費は年3500円、家族会員2000円(1名につき)、他のクラブでスキー協に登録している人は2000円。

A会費は年払いとし、総会後すみやかに納入すること。途中入会は月割とし年会費3500円の方は「月300円」、年会費2000円の方は「月200円」とする。なお、途中退会は返却しない。

7条(付則)本会の運営に必要な細則は、役員会の審議を経て別に定める。

@スキー協指導員、山スキーリーダーの受験及び研修等の参加費用

A本会の諸行事開催に伴う費用負担

Bその他

第8条 この規約は2017年6月24日から実施する。

1995/6/13 改定2000/7/7(会費2000円→3000円)改定2002/6/22(会費 家族会員11500円追加) 改定2009/6/20(会費3000円→3500円 家族会員2000円 他のクラブ登録者2000円 年度途中入会300/月) 2015/6/20一部改定 2017/6/24一部改定(下線部分追加)              

山スキーを中心に活動する 

                           ぶなの木スキークラブ  

組織・運営






 ぶなの木スキークラブ規約
                                                            

ぶなの木スキークラブ


TEL